ここでは、私の音楽活動をご紹介していきます。
音楽家 藤ノ木みかプロフィール
(友人の翻訳家、森田義信氏によって編集してもらいました。)

神田生まれの江戸っ子。中学の時ギターを始めるがFが押えられずに挫折。大学時代に友人に「パーカッションをやったらバンドに入れてやる」と言われ、突如、打楽器を始める。コンガを一本だけ買い、古澤良治郎に師事。以降、打楽器の数は増加の一途をたどる。玉川大学教育学部を卒業後、行慶寺ルンビニ幼稚園に就職。幼稚園の先生として働きつつ、タイコを叩き古澤良治郎率いるパパラッコバンドに加入。93年、幼稚園を円満退職、パーカッション一筋に生きるかと思いきや、本格的に書道を始める。94年頃から古澤良治郎、津上研太とともに「ね.」を結成。数々のセッションにも顔を出す。99年頃より西尾賢「ソボブキ」に参加。また、07年より渋谷毅の楽曲をみんなで歌う「しぶやさんといっしょ」にもレギュラーで参加するようになる。「ね.」のジャケットの文字は彼女の手によるもの。書道家として「明仙」の雅号も持つ、歌って書ける打楽器奏者。

♪最新のライブスケジュールはこちら

♪現在参加しているグループ紹介

ね. 詳しくはHPをご覧ください。
ひらがな一文字で「ね.」。覚えやすい名前のグループ名でしょう。JAZZドラマー古澤良治郎が1994年の4月に発足してから人知れずつづいていたグループです。その音はあらゆる約束ごとから解き放たれて、聴く人のこころのここちよい風をおくってくれるでしょう。藤ノ木の音楽の原点ともいえるグループです。私の音楽及び人間性において、基本となるグループです。2011年1月リーダーの古澤さんが亡くなってからは、定期的に演奏することは無くなりましたが、今後も古澤さんの曲は大事に大事に、演奏して行きたいと思っています。毎年1月7日は「新春古澤良治郎スペシャルね.」として西荻のアケタの店で毎年演奏しています。

また、2018年6月より初期メンバーの津上研太と藤ノ木みか、そして斉藤良一の3人で「ね.4」として、ライブすることになりました。「4」というのは、4つ目のシーズンということです。古澤さんの曲をどこまで自由にやれるかわかりませんが、tりあえず始めてみることにしました。ご期待ください!


西尾賢ソボブキ
東京人の素朴でブキッチョな音楽、略して「ソボブキ」西尾賢さんのオリジナル曲を演奏しています。
ちょっと他にはない感じのバンドです。説明するのがむずかしいですが、楽しい音です。
詳しくはソボブキHPをご覧ください。


しぶやさんといっしょ
「おかあさんといっしょ」など、NHKの子供番組用に渋谷毅さんが作曲した歌をみんなで歌うライブ。藤ノ木はレギュラーで参加。リーダーの渋谷毅さんとレギュラーメンバーとしてかわいしのぶ、外山明、藤ノ木みかで構成されており、毎回豪華なゲストを迎えて盛大に開催されます。小川美潮さんは永久ゲストとして毎回参加されています。年に3回、春、夏、クリスマスの時期に演奏があります。チラシはかわいと藤ノ木が交互に手書きで作成しており、いつも塗り絵形式になっています。しぶやさんがぬって配布しています。
渋谷毅さんのブログもご覧ください。

今泉裕グループ
リーダーの今泉さん選曲のブラジルの美しい曲をたくさん演奏するグループです。ハーモニカで奏でられるメロディーはとても心地よく、静かにしっとりと心の奥の方に響いてくる感じです。回を重ねる度に、楽しくなってきています。

mikatamashubu(福)
2017年よりスタートしたトリオ。渋谷毅さんのオリジナル曲の他、tamaちゃんことtamamixさんのオリジナルや高田渉さんの曲などをただ演っています。私はパーカッションと歌。マイクを三本立ててみんなで歌っています。

参加しているCD。買えます
「LIVE at AKETA ね.」「ね.」
ご購入希望の方はメールでおねがいします

「素朴でブキッチョな東京人の音楽」
ソボブキ


「ソボミカ」
ソボブキ